立体的な顔を演出する為の化粧品にはチークやシェーディングやハイライトがあります。 チークは小鼻の脇から始めてほお骨の高い部分の真下へ引き上げる様に入れます。 ほお骨の高い位置よりも若干低めの位置である事がポイントです。 顔色を良くしたい場合にはオレンジベージュ系やピンクベージュ系を使い、ほお骨の高い位置に入れる事が望ましいです。 シェーディングは顎の横部分に入れます。 チークとシェーディングは同じカラーを使う為に素肌よりも若干(ワントーン程度)暗めのベージュ系にする事が一般的です。 パール感がある場合には立体感がプラスされる事や肌の綺麗さを演出する事へと繋がります。 ハイライトはシャープな顎を演出する為に顎先に付ける事が出来ます。 又、ほお骨の高い位置に入れる際には更に立体的な印象を与えます。 チークやシェーディング及びハイライトは顔全体のリフトアップを目的としている化粧品であるものの、基本的には自然かつ控えめに行う事が大切になります。