各企業小さいものから大きいものまでクレームがあります。 その処理の仕方で企業の評判を左右する事もあるので、慎重に行っていく必要があります。 当然クレームがあった時には謝罪等をする必要がありますが、これが誤った方法で行ってしまうと大変な事になってしまうのです。 対応が遅れてしまったり、真摯な対応ができなかったりすると、クレームで心象が悪くなっているので些細な事で怒らせてしまう事もあります。 その為に迅速な行動を取る事も大切ですが、どのように行動していくかも話し合った上で行っていく事が重要です。 しかしここでしてはいけないのが、あまりにも下手に出てしまう事です。 これによってクレームに対する要求が大きくなりすぎたり、真摯な行動に思えないようになってしまう事もあるからです。 対応はある程度マニュアルを作っておくだけでも違いが出てきます。 このようにクレームは対応が大変ですが、状況に応じた対応をすれば怒りをおさめる事ができます。